« 地下鉄博物館 | トップページ | メイドカフェ、断念記 »

富士通はシビア

いとこの息子が学校でパソコンの授業があるんだとか。時代は変わりましたなあ。

で、パソキチ1号出動でありんす!

「格安でノートを」との要望に応えるべく、ジャンク屋に向かいました。中古屋じゃないところが、パソキチのオキテ。

「ジャンク屋と言うのは、情報を集めるにも便利な・・・、」と、師匠ティムも申しております。

今回のターゲットは、LIFEBOOKのNUシリーズ。過去に使用していたことがあり、ドライブとかメモリとかHDマウンタとか、部品が余っていまして。どうやら法人モデルらしくて、ジャンクがいっぱい出回ってるのも、パソコン再生部隊としては、嬉しいシリーズです。

念のため、ジャンクノートを3台買いました。あわよくば、二個一三個一で、予備機をもプレゼントしようかと。しめて1万円也。

ライセンスIDも正規のものを用意。旧式なので、XPが限界かと。一台はシールが正規なので、富士通のショップで取り寄せたリカバリCDを使用、残りはDSPを用意した。各ドライバーはダウンロードで対処。

結局、家にあった部品を合わせて、2台は完全復元が出来た!

HDは、20GBあれば十分でしょ?ドライブはDVDマルチだし、メモリは512MB。グラボはメイン共用だけど64MBだから、コマ落ちも無し!粗暴な子供の初号機には、贅沢すぎる仕様でしょう。CPUは1.2と866と相成りました。

でも実は、もう一台あるんですよ、ふっふっふっ。

ノートパソコンなのに、モニタが無い!キーボード型デスクトップパソコンが一台出来ました(笑)。

富士通のノートはシビアで、モニタの周波数が姉妹機でも違うみたいで、移植が難しいとですよ。過去にも、P2-333とかC-500とか、自宅の食卓にありました。チューナー付けてテレビ見てたし。

今回のは、P3の866だから、そこそこ動くし、RGBで外部モニタを設定してあげれば大丈夫!ジャンク屋で「液晶NG」なだけで相当安くなるから、お勧めですよ?

安い中古モニタと合わせても、1万円しないで、場合によってはPM1500とかもあるからね。割れてたって、ヒンジから撤去すればいいしね。

この機体で、我が工場で整備されて、友人・知人に両親・親戚へと出荷されたパソコンが、30台になりました。我ながら、よくやるよ・・・。

以上、パソキチの「ノート再生工場」レポートでした。

|

« 地下鉄博物館 | トップページ | メイドカフェ、断念記 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士通はシビア:

« 地下鉄博物館 | トップページ | メイドカフェ、断念記 »